一生で一番大きな買い物だからこそ注意したい!後悔しない新築一戸建ての選び方をご紹介!

当サイトは一生で一番大きな買い物だからこそ注意したい、後悔しないための新築一戸建ての選び方をご紹介しています。

戸建ての家を手に入れるのなら、知っておくべきポイントとなっているのでおすすめです。

ライフスタイルに合わせて選びたいのが、新築の一戸建てです。

住む人の生活を考えて選ぶ必要があります。

また安全で快適な暮らしを支えるのが新築の戸建て住宅の性能です。

長く住み続けるためにも、住宅性能は重要となります。

一生で一番大きな買い物だからこそ注意したい!後悔しない新築一戸建ての選び方をご紹介!

一般的に大きな買い物といわれる新築一戸建ての購入を検討している人は多いのではないでしょうか。

そのようなときには納得の新築一戸建てが買えるよう、注意して家を選ぶのが大切です。

新築一戸建ての選び方のポイントの1つには立地が挙げられます。

最寄り駅のアクセスや町の雰囲気、公共施設の場所などを考慮して選ぶ必要があります。

また建物の性能も新築一戸建て選びの重要なポイントです。

耐震性や断熱性、耐久性などもチェックします。

新築一戸建てを購入するまでのスケジュール

新築一戸建てを購入する場合には、完成済みの物件とフリープランのケースでは流れが異なります。

特にすぐに入居したい場合には完成済み物件を選ぶのがポイントですが、その場合でも購入するまでに現地を数回訪れる必要があります。

一方でフリープランの場合には、キッチンやドアの色などを施主自身が選ぶのが一般的です。

したがってフリープランの新築一戸建てでは、完成までに打ち合わせや内部のチェックなどもスケジュールに組み込む必要が生じます。

通勤にも便利で快適な住まいを買う上では、事前にエリアを指定してから物件を厳選することも重要です。

各地に幅広いネットワークを持つ不動産会社と相談すると、スピーディーに手ごろな新築物件を紹介してもらえます。

家を買う場合にはローンを借りることも多く、購入に向けた準備では金融機関との相談も必要になります。

正式な購入契約を結ぶ前にローンの審査を完了させるのが、理想の住まいを実現する最善の方法です。

新築一戸建ては事前の見積もりで費用を確認

新築一戸建てを検討する場合、何を重視して家づくりを進めるのかは、施主によって様々でしょう。

とはいえ、やはり予算については気になるもの。

そのため実際には、家づくりにかかる費用について慎重に検討する施主も、決して少なくありません。

特に初めて新築一戸建てを検討する施主であれば、なおさら費用面には心配ごとが増えるはずです。

そこで複数の住宅メーカーや工務店などから見積りを取り寄せ、それを比較検討した上で、自分たちの予算の範囲内で理想的な住まいを実現する必要があります。

その際に特に確認したいのは、本体工事費です。

これは基礎部分から屋根や外壁、そして建具や内装などに至るまで、家の本体にかかる工事費を指します。

しかしメーカーによってはこの工事費の中に、外構部分やインテリアまで含むケースもあります。

取り寄せた見積りの内容に少しでも疑問があれば、後からトラブルを避けるためにも、メーカーへ速やかに問い合わせておくことが重要です。

自己資金はなるべく多く用意したい新築一戸建て

新築一戸建てを実現したいと考えて、貯蓄に励んでいらっしゃる方も多いことでしょう。

やはり、新築一戸建ての建築や購入となると、なるべく多くの自己資金を用意している方が有利となります。

高額な支払額が必要となりますので、一般的には住宅ローンを利用することとなりますが、借りる場合には年収や月々の支払い可能額などの様々な条件を考慮して、どれだけの借入額とするのかを決定することが必要です。

その場合に、同じ借入可能金額であっても、頭金を自己資金として用意できる場合とそうでない場合は、新築一戸建ての建築・購入にかけられる予算が大きく違ってきます。

それは住宅の広さや性能、立地等に直結していきますのでなるべく多くの金額を確保しておくことが重要と言える根拠となります。

また、居住にあたって必要な家具の購入や、その後の生活を余裕のあるものとするためにも一定以上の現金資産を保有していることは必須とも言えるでしょう。

新築一戸建てでの理想の暮らしを叶えるためにも、堅実な資金計画を練っておくことが望ましいものです。

新築一戸建ての購入で利用できる住宅ローン

新築一戸建ての住宅ローンは本体工事費や付帯工事費だけでなく、土地代金の支払いにも充てることができます。

金利は固定型と変動型のどちらも利用することができるので、返済までの経済の動向を予測しながらタイプを選択するようにしましょう。

どちらのタイプにするのかをなかなか決められない場合は、固定期間選択型というプランを利用することもできます。

これは金利が固定される期間を自分で設定し、その期間の終了後に変動型が適用されるプランなのです。

ちなみに低金利になればなるほど、新築一戸建ての購入者は変動型を選択する傾向が強まります。

また共働き世帯が新築一戸建てを購入する場合は、ペアローンを利用することもできます。

これは夫婦が別々に借入れをするプランです。

年末調整の際に住宅関連の控除を2人分受けることができます。

しかも団体信用生命保険も、2人分適用されるのです。

ただし契約時の事務手数料は夫婦それぞれに支払い義務が生じるので、その点は留意しておきましょう。

著者:大迫春彦

筆者プロフィール

宮崎県宮崎市生まれ。
長年工務店に務めた経験を活かし、新築一戸建てについての記事を多数執筆しています。
愛媛 新築一戸建て